© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

「表現未満、」と「からだ」 細馬宏通(早稲田大学文学学術院教授)

わたしたちが家庭や職場や遊び場でふだんしている行為、交わしている言葉や動作、地味で小さなやりとりに、実は大事件に匹敵する出来事が埋め込まれている!? ひとの会話や身振りを研究する一方、視聴 覚文化などについても考察を続ける細馬宏通さんをゲストに招いて「からだ」をつぶさにみなおします。

テーマ:「表現未満、」と「からだ」
ゲスト:細馬宏通さん(早稲田大学文学学術院教授)
日時:2019年11月27日(水) 18:30~20:30
参加:無料 (カンパ制)
場所:たけし文化センター連尺町

細馬宏通さん

1960年、兵庫県生まれ。滋賀県立大学人間文化学部教授。日常会話における身体動作の研究を行うかたわら、マンガ、アニメーションなど19世紀以降の視聴覚文 化にも関心を寄せている。著書に認知症高齢者施設での観察について書いた『介護するからだ』(医学書院)の他、『二つの「この世界の片隅に」』(青土社)、『うたの しくみ』(ぴあ)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くか』(新潮選書)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)、『絵はがきの時代』『浅草十二階』(ともに青土社)など。

関連記事

ページ上部へ戻る