スタ☆タン!!ZwithぶっとびアートS

2020年12月22日

浜松・ぶっとびアートとスタ☆タン!!がコラボ。「どこでも開催!」の主旨に則り、好都合!静岡県浜松市と長野県御代田町で開催!老若男女ジャンル不問、ぐだぐだ歓迎!ちょっと待った上等! 披露したいけど、うちの巨匠は、本番でやるかどうかわからない・・・やるのか泣くのか、出たとこ勝負。グダグダもミラクルもなんでも来い!

【スタ★タン!!Z with ぶっとびアートS(長野・ささだ担当)】
●日時:12月6日(日)14:00〜16:00
●会場 【長野】 エコールみよた あつもりホール
●進行:ぶっとびアートS(ささだ)
●審査員:ぶっとびアートM(むらまつ)、ふきこ、ささき、わたなべ

☆ぶっとびアートとは☆
こどもとおとなのあそびゴコロをくすぐり本気であそんでみる場。0歳からおとなまで障がいのある子もない子も、それぞれのちがいを生かしあい、持ち味を発揮できる場作りを目指して活動している。笹田夕美子と村松弘美のぶっとびコンビとおもしろ好きな仲間たちで、2005年から毎月1回、通算150回以上のワークショップを開催している。浜松を拠点に活動してきたが、笹田が2018年に長野県の御代田町に移住! 2020年コロナ禍で、通常開催が出来ないならリモートで!と、新しい形でのワークショップを試行錯誤してきた。

【解説】
長野県のみよた町、ぶっとびアートも、スタ☆タン!!も、初めてやる地。とりあえず、町で一番大きなホールを借りた。伝わるのか?この企画にのって、このステージにものってくれる人はいるか?とおそるおそる「あのね、スタ☆タン!!っていうのがあってね・・・」と話しだしてみた。すると思いのほか、ノリ良く「やります!」という親子が続々登場!
演者・演目は下記の通り。このラインナップを見ただけでもすでに面白さが転がりはじめた。

【演者 と「演目」】
1.ゆうきどんまい「りあちゃんとダンス」
2.はやちゃん 「土星と火星と月とひよことパトロールカーの歌とジョージの歌」
3.サムエルフレンズ「鬼滅乱舞⁉︎」
4. WATANABE BROTHERS「じゃ、オレらも鬼滅やる!と思ったけど、やっぱ、パプリカ歌う」
5.長﨑三兄弟「ちゃぶ台手品」
6.村上三兄弟「アルゴリズム体操」
7.ぱや&うづき「歌うかも?踊るかも?やらないかも?」
8.りさちゃん「かえるのうた(両手だよ)」
9.リーダーそうた「すごい強い敵と戦う」
10.そおたとゆかいな仲間たち「朝の会」
11.M&A 「ちょっと遊びに行きます」
12.はしばぶらざーず「Make you happy」

【見所】
大きなステージの魔力で、テンションMAX。予想に反して、ステージで泣く子も臆する子もなく、遊びまくっているところ。

【 長野・ぶっとびSによる感想】
やってみたら、予想以上に楽しかった。すでに「来年のスタ☆タン!!は、お父さんも出たい!」「今度はソロで!」などとそれぞれの企画が動きはじめている。「スタ☆タン!!」という単語が共通言語になり、あの出来事を語りあえるのがなんとも愉快!

【浜松・ぶっとびMによる感想】
長野会場は、大きなホールでたくさんの方が参加し、全員が全て受け入れ楽しんでいる感じがパソコンの画面から伝わってきた。度がすぎる「ZATTA」さが、本当に豊かだなと思った。 どちらの会場も、一部がオンラインとなり遠く離れた場所をつなぐことができた。距離という垣根が変化し「生活とともにある音楽」が、より多くの人に発信できるようになったことを体感できた。 最後に、審査員は辛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA