© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

オープン・ジャーナリズム、の話

今までの話を総括しつつ、今日は「伝え方」の話を。あくまでメモ書きの推敲レベルだけど、今後考えを深めるべきことの備忘録として書いておこう。

深刻な課題や困難をメディアで取り上げようというとき、メディアは「当事者」の声と「専門家」の声を伝える。当事者の苦しみや怒り、当事者が抱えている課題、困難を広く伝えようとするのだから当然といえば当然だ。で、さらに、その当事者の声に寄り添うように、その困難をいかに克服すればいいのかの考え方やアクション、積み重ねられた知見などを専門家が語る。こんな行動が必要だ、こう考えるべきだ、こういう政策が必要だ、などなど。

この当事者と専門家の組み合わせ、新聞もテレビも基本はだいたいそういう構成になっている。ぼくもかつてはテレビ局の報道記者だったので、何かしらの課題を取り上げるとすればだいたいそう作っていたんだけれど、最近そうとは考えなくなった。まったく別の関わりを言葉によって可視化する必要があるのではないか、と考えるようになったのだ。この連載を読み続けてきた方なら分かるだろう。「共事」という関わりの回路のことだ。

オガちゃんの撮影した花の写真

当事者の悲痛な声は、似た境遇にある人たちの共感と連帯を生む。けれども一方で、そうではない人たち、困難を抱えている人と自分とを分けて「おれは当事者じゃないからなあ」と考えてしまう人や、大変だなあと同情はしてくれても、具体的な「次の一歩」になかなか進まなかったりする人、関係ねえやと思ってしまう人、つまり「非当事者」とも言うべき人を作り出してしまう。本当は多くの人たちと一緒に考えたいのにだ。

外部の人たちの参加を促すべき専門家の話も、「うむ、確かにそうだなあ」とは思うものの、やはりどこかで他人事になってしまったり、次の行動につながらない。優秀な専門家ほど、「こういう専門家が関わるべきだ」とか「オレなんぞが関わってしまったらかえって迷惑では?」みたいな、余計な忖度や配慮を生み出してしまったりもする。その結果、「大変な問題なんだなあ」とため息をつくだけで終わってしまったりして。つまり「自分ごと」になりにくいのだ。

震災後の福島のことを語るとき、興味があるという人ほど、「複雑な問題の背景を把握していないと福島のことは語ってはいけないのでは?」と思ってしまったり、放射線防護のことを知らないといけないのではとか、なんらかの前提知識を学ばないといけないとか、自分は家族を失ったわけでもないし津波にも被災していないしとか思って遠慮してしまうのに似ている。よそ者は口を出さんほうがいい、みたいな。

ぼくも最初はそう思っていた。だけれど、レッツと関わりを持つなかで、そういう当事的な関わりだけでは不十分なのではないか、新しい関わりを生む言葉を考えないといけないのではないか。実際、レッツの支援は外部に開かれているし、極めて当事者性の強いと思っていた障害福祉だって、ぼくたち部外者たちに関わりが開かれているのではないか、と感じるようになった。

強い当事者性や専門性がなくとも、つまり「当事者」ではなくとも、自分の関心や好きなことを通じて、課題と「事を共にする」ことならできるということを知った。そして、そういうゆるくわずかな関わり、個人的な欲求を通じて、当事者とは別の回路で課題や困難に接してしまう人たちを「共事者」と呼ぶことにした。で、この連載にも、そのことを書いてきた。

前回レッツの拠点を訪問したとき、「共事」というのは、メディアにも広く当てはまるのではないか、と感じた。というのも、今回レッツを訪問した時、二人の報道関係者が一緒にいたのだ。その二人と、はて何時間話しただろうか。困難や課題の伝え方について、ああでもない、こうでもないと話をしたのだった。

オガ散歩に巻き込まれた共同通信の岩川さん

何を話したのかというと、本稿の最初に書いたような伝え方、つまり、当事者と専門家の声のみを伝えようとする「当事的」な報道ではなく、ゆるい関わりを許容し、課題の外側の声も併せて伝えようという「共事的」な報道というのもあるのではないか、両者をつなぐことが本来のメディアの役割なのではないか、みたいなことだ。

例えば、こういう伝え方ができるかもしれない。

通常は、
当事者:辛いです、苦しいです、納得できません、怒ってます。
専門家:行政サポートを充実させましょう、自治体や企業のサポートも必要ですね。
アナ:私たちも問われていますね。無関心ではいられません。
みたいな感じでまとめようとするところを、

たとえばもう少し「共事者」側の声を加えていく。
当事者:辛いです、苦しいです、納得できません、怒ってます。
専門家:行政サポートを充実させよう、自治体や企業のサポートも必要。
共事者:こんな風にサポートできるなんて知りませんでした!
共事者:関わるようになって、こんないいことが起きています!
みたいな感じで、外の声をプラスするやり方もあるのではないか、とか(すごく安直に書いてるのは理解してる)。

多様な声を伝えながら、そのなかに「新たな関わり」を感じられる声をそこはかとなく入れていきたい。現場のレポーターが体験してレポートするのもいいかもしれない。体験レポは当事者の目線ではなく、外部の目線で共事した体験を伝えることができる。

新たな関わりを付け加えるという意味では、当事者の声を実際に聞く「トークイベント」をメディア側が開催してもいい。体験ツアーを企画してもいいし、なんらかの相談窓口や問い合わせの電話番号を紹介するだけでもいい。当事者の声を伝えるだけでなく、狭くてもいいから外部へ開かれた入り口を開くことを考えながら声を伝えていく。それが共事的なメディアの手法だ。

岩川さんの「レッツ観光」は、こんな記事になった

当事者から「あなたも当事者なんですよ」と言われると、うううっってなっちゃうし、専門家から「お前も関われ」と言われると説教臭いしさらに関わりのハードルの高さが上がるけど、自分と同じような素人が素人のことばで「楽しいっす」、「やってみてよかったっす」と等身大に語ってくれたら、おおお、「俺にもできるかも?」って思ってもらえるのではないだろうか。

課題が重くなっている領域って、当事者とその周辺に負担が押し付けられて孤立しちゃってるところが問題だったりする。だからこそ、多くの人に知ってもらいたい、多くの人に関心を持ってもらいたいとその人たちは思っている。それなのに、当事者ゆえに、専門家であるがゆえに、周囲の関わりのハードルが上がってしまうのだとしたら、なんという悲しいジレンマだろう。

だから、関わりのハードルを下げて課題を外に「開く」ことで、部外者の側に関わりを増やし、関心を高め、多くの人が「自分ごと」として考えてもらうようにする。そういうゆるいスタイルを取り入れていくことが、遠回りだけど実は近道なんじゃないかしら、とぼくは考えている。

障害にも「個人モデル」と「社会モデル」があるのと同じように、関わり方にも「当事モデル」と「共事モデル」を作ってしまえばいいと思っているし、報道・伝え方にも、そういう新たな手法を勝手に生み出してしまえばいいのにと、さっき紹介した二人のメディア関係者とおしゃべりしていた。敢えて名前をつけるのであれば「オープン・ジャーナリズム」とも言うべきかもしれない。

垂直方向に当事者性や専門性を高めていく報道とは別の、どこまでも水平方向に展開して、1の関わりを増やすような報道があってもいい。いや、そもそもメディアはどこまで行っても「媒介」であるのだから、敢えてまどろっこしい言い方をすれば、メディアとは「共事することで当事する」宿命にあるはずだ。当事と共事を往還し、さらにその関わりを外側へと、無関心の側へと拡張するような活動も、メディアはもっと視野に入れていい。ぼく個人としても、粛々と続けていきたい。

ちなみにこの手法、ぼくはもうすでに、いわき市で関わっている地域包括ケアのメディア「igoku」や、まさにこのメディア「表現未満、マガジン」の連載で実践している。当事者でも専門家でもない。ド素人の部外者なくせに、なぜだか結果的に社会課題に関わってしまう。そんな回路を作っていきたい。世の中が、より真面目に、より深い関わりを目指すようになっているいまだからこそ、ゆるく、不真面目に、首を突っ込んで「いっちょがみ」していきたい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る