© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

児童の文字たち

彼は大体掃除機の製品番号だったり、室外機のメーカー名を書き残していくのだけれど、何が仕方ないんだろう。置かれたプーさんも仕方ないね。

今日はガムテープに文字を書いていくんだね~とその場を通り過ぎて、数分後掃除機をかけていたら床で発見。

どうしても外に出たがっていたから何がしたいんだろうと思いつつ外にでた。オガ小屋に張り紙注意したかったみたい。

書きなぐりながらその場で和訳してくれる手紙。

「田田田田田」(スタッフさんへ、大好きです。連尺に行きます。

おにぎりおにぎりおにぎり!亀梨くんはわたしがもらいました!)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

線を受け取る

上の写真は、たけし文化センター連尺に通う利用者・大石祐司さんのルーティンワークによってかかれたものだ。大石さんはこれを毎日かく。出来上がるものはいつも同じなわけではない。線は微妙に、少しずつ、ときに大胆に変化する。そこには彼なりの法則がある。

てぃーちゃんの輪

アルス・ノヴァ屈指の職人、てぃーちゃん。彼女の最近の日課は、チラシなどの雑紙を短冊に切って、テープで留めて輪っかにするという、「輪っかづく…

ページ上部へ戻る