© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

「表現未満、」を編む アサダワタル(文化活動家)

表現は一人で行うものなんでしょうか?表現とは意図的な内面の表出なんでしょうか?そもそも生活と表現となにが違うんでしょうか? 
「住み開き」、「 表現のたね 」 などの著書を手がけ、「千住タウンレーベル」などのアートプロジェクトも行うアサダさん は、身近にある行為・活動を編み直して、新しい表現とその 可能性を実験・模索しています。そんなアサダさんに「表現」 の意味をもみほぐしてもらう2時間です。

テーマ:「表現未満、」を編む
ゲスト:アサダワタルさん(文化活動家)
日時:2019年11月30日(土) 18:30~20:30
参加:無料 (カンパ制)
場所:たけし文化センター連尺町

アサダワタルさん

アサダワタル(文化活動家) 1979年生まれ。音楽を軸にした表現で、福祉施設や復興現場、学校や街中などで参加型のアートプロジェクトを各地で実践。2019年より品川区立障害児者総合支援施設でコミュニティ・アートディレクター(社会福祉法人愛成会所属)としても活動。著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『想起の音楽 表現・記憶・コミュニティ』(水曜社)、『アール・ブリュット アート 日本』(編著、平凡社)など。東京大学大学院、京都精華大学非常勤講師、博士(学術)。

関連記事

ページ上部へ戻る