【配信はこちら!】3月5日(土)「浜松ちまた会議」シンポジウム2022

information

【配信はこちら!】3月5日(土)「浜松ちまた会議」シンポジウム2022

2022年2月25日

3/5(土)「浜松ちまた会議」シンポジウム2022 まちづくりを考えたら、福祉にたどりついた

2020年からレッツが始めた「浜松ちまた会議」は地元の企業や団体の皆さまと一緒に、これからの浜松の街に必要なものや、街の役割について考えてきました。そこで私たちは、「まちづくりを考えることは福祉を考えること」だということに、辿り着きました。
今回のシンポジウムでは豪華ゲストと、浜松をフィールドに活躍する6組の団体とともに、「福祉を軸にしたネイバーフッドシティ構想」を、ここ、浜松で考えたいと思っています。

みなさまのご参加をおまちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★コメント大歓迎★
★アンケートのご協力をお願いします★
以下のGoogleフォームにてご記入ください

https://forms.gle/4ZZkHKuykzQP6cfL6

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUT
■概要
日時:2022年3月5日(土)13:30〜18:40
■オンライン配信
(YouTubeチャンネル「のヴぁてれび」https://youtube.com/c/NovaTVlets)
■登壇者
小松理虔(ローカル・アクティビスト)
竹村利道(日本財団公益事業部国内事業開発チーム シニアオフィサー)
辻琢磨(辻琢磨建築企画事務所/403architecture [dajiba])
本後健(厚生労働省保険局高齢者医療課長)
久保田翠(認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ理事長)
■事例発表団体
FUSE Co-Startup Space & Community
浜松まちなかにぎわい協議会
みかわや|コトバコ
株式会社HACK
NPO法人遠州精神保健福祉をすすめる市民の会
一般社団法人みらいTALK
■お問合せ:lets-arsnova@nifty.com
電話:053-451-1355
(担当:久保田瑛)
主催:認定NPO法人クリエイティブサポートレッツ
助成:日本財団「2020年度新型コロナウィルス感染症に伴う社会活動支援」
※第1部は独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業としても開催します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
TIME TABLE
【第一部|13:30〜15:00】
「障害者の都市生活と地域共生社会のこれから」
■13:30〜14:00
クリエイティブサポートレッツの活動報告「地方の中心市街地と障害者」
・報告事例:たけし文化センター連尺町の活動、たけしと生活研究会、オン・ライン・クロスロード@松菱跡地
■14:00〜14:30
レクチャー「地域共生社会の現在地とこれから」
・講師:本後健(厚生労働省保険局高齢者医療課長)
■14:30〜15:00
トークセッション「障害者が地域共生社会で担う役割」
・登壇者:小松理虔、本後健、久保田翠
【第二部|15:10〜18:40】
「まちづくりを考えたら、福祉にたどりついた」
■15:10〜15:15
福祉を軸にしたネイバーフッドシティ構想
「浜松ちまた会議」の紹介
■15:15〜16:45
事例発表
・事例発表団体:FUSE Co-Startup Space & Community、浜松まちなかにぎわい協議会、みかわや|コトバコ、株式会社HACK、NPO 法人遠州精神保健福祉をすすめる市民の会、一般社団法人みらい TALK
■16:55〜17:10
「街に込める想い〜地域共生社会の実験場として街を考える〜」
・発表:久保田翠(クリエイティブサポートレッツ理事長)
■17:10〜18:40
トークセッション「まちづくりを考えたら福祉にたどりついた」
・登壇者:小松理虔、竹村利道、辻琢磨、本後健、久保田翠

一覧へ戻る