© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

HYO-GEN MIMONTH(表現未満、ス)~表現未満を体感する50日間!!!~

HYO-GEN MIMONTH~表現未満、を体感する50日間!!!~。 11月3日-12月21日期間中のイベント情報をこちらに随時アップします。まずはココをチェック!

≪当日動画あり≫シンポジウム 【生きること、それも表現 ~「表現未満、」はどこに行く~】

このシンポジウムでは、社会の周縁にいる障害者を例に、その存在を「表現」としてどう社会に顕在化しているのか、また、さまざまな人たちの存在を受け入れていくために「表現」どうとらえていけばいいのか、また、社会化することの意義を探っていきます。

「表現未満、」だらけな世の中~イタズラとくだらなさと信仰~深澤孝史さん(美術家)×新澤克憲さん(就労継続支援B型事業所ハーモニー)×田中純さん・益山弘太郎さん(ハーモニーメンバー)

「いたずら」ってなに?「くだらなさ」とは?身も蓋もない質問で、すみません。でもでも、突然「いたずら」や「くだらない」モノゴトに出会うと、そんなことを考えたくなるく らい、途方にくれたり、揺らいだりすることがあります。 「とくいの銀行」や「おべんとう画用紙」などを手がける深澤孝史さん、「幻聴妄想かるた」を製作・販売するハーモニーの新澤さんとハーモニーのメンバー二人の計4人で「いたずら」や「くだらなさ」の姿を追いかけながら「信仰」の話まで、ガヤガヤと語っていただきます。

「表現未満、」を編む アサダワタル(文化活動家)

表現は一人で行うものなんでしょうか?表現とは意図的な内面の表出なんでしょうか?そもそも生活と表現となにが違うんでしょうか? 「住み開き」、「 表現のたね 」 などの著書を手がけ、「千住タウンレーベル」などのアートプロジェクトも行うアサダさん は、身近にある行為・活動を編み直して、新しい表現とその 可能性を実験・模索しています。そんなアサダさんに「表現」 の意味をもみほぐしてもらう2時間です。

「表現未満、」と「からだ」 細馬宏通(早稲田大学文学学術院教授)

わたしたちが家庭や職場や遊び場でふだんしている行為、交わしている言葉や動作、地味で小さなやりとりに、実は大事件に匹敵する出来事が埋め込まれている!? ひとの会話や身振りを研究する一方、視聴 覚文化などについても考察を続ける細馬宏通さんをゲストに招いて「からだ」をつぶさにみなおします。

たけしin京都

かしだしたけしin京都

京都市立芸大での、赤松学長×レッツ代表久保田の対談に合わせて、かしだしたけしを行いました。その様子をスタッフ知里の目線でレポート。

「かしだしたけし」と表現未満

2019年10月4日、京都市立芸大で「問題行動と表現未満、」というタイトルで久保田翠と赤松学長の講演&対談が行われた。そしてレッツからは「かしだしたけし」として、たけしさんとしゅんさんが出演した。その体験を久保田翠自ら語ります。

「~雑多な音楽の祭典~スタ☆タン!!3」審査員・出演者決定!!

「~雑多な音楽の祭典~スタ☆タン!!3」審査員・出演者が決定しましたっ11月3日(日)13:00~、たけし文化センターでまってるぜっ

ゴミ?ゴミじゃない?(家庭編)

家でも、職場でも、いつも誰かに「これはゴミなの?ゴミじゃないの?」と聞いているように思う。 いつも激しく散らかっている我が家だけど、片づける時にはゴミ?ゴミじゃない?どっちだろう?と悩んでいる。

始まりの言葉

地域活動家、小松理虔さんの11回目の連載エッセイ。妄想恋愛詩人ムラキングとじっくり話したという小松さんが、「表現未満、」を再考します。

ページ上部へ戻る