© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

201911/26

第2回表現未満、文化祭

表現未満、文化祭を開催します!たのしいイベント盛りだくさん!たけぶん連尺1周年大祭もやるよ!もちなげもあります!遊びに来てね!

体験としての障害と福祉

小松理虔さんの12回目の連載記事。障害やアートの「体験」に着目し、その共通性などについて語っています。

「共振」に目覚めるアートプロジェクトとして

2019年9月にレッツを観光した編集者の影山裕樹さんによる論考。表現未満、をアートプロジェクトとして考察しています。

【動画あり】あるすのゔぁ食堂〜食べることと色んなこだわり〜 EAT&ART TARO(アーティスト)

お昼の献立が気になる。毎朝自分でオリジナルの飲み物を作る。戦うようにカレーを食べる。レッツでは日々些細で愉快な食べることのこだわりを目の当たりにします。食を取り巻く人や文化に目を向け、ズラし組み替えながら作品を作ってきたアーティストのEAT&ART TAROさんを迎えて、色んな人のこだわりを紐解き、実際にやってみましょう。

【動画あり】 「表現未満、」と生活/記憶 松本篤(NPO法人remoメンバー/AHA!世話人)

8ミリフィルムのホームムービー、動物園の象との記念写真、戦地へ送られた励ましの手紙など、“市井の人びとによる記録”に着目し たアーカイブづくりに携わってきたAHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ] 世話人の松本篤さんと ともに、個人の生活=記憶に出会いなおす・触れなおす方法をめぐり考えます。

HYO-GEN MIMONTH(表現未満、ス)~表現未満を体感する50日間!!!~

HYO-GEN MIMONTH~表現未満、を体感する50日間!!!~。 11月3日-12月21日期間中のイベント情報をこちらに随時アップします。まずはココをチェック!

≪当日動画あり≫シンポジウム 【生きること、それも表現 ~「表現未満、」はどこに行く~】

このシンポジウムでは、社会の周縁にいる障害者を例に、その存在を「表現」としてどう社会に顕在化しているのか、また、さまざまな人たちの存在を受け入れていくために「表現」どうとらえていけばいいのか、また、社会化することの意義を探っていきます。

ページ上部へ戻る