© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

親亡き後の福祉、そして福島

レッツ代表、久保田翠の講演会に参加した地域活動家の小松理虔さん。そこに見出した「障害」と「福島」の共通項とは。連載エッセイ第5弾。

雑多な音楽祭「スタ☆タン!!3」出演者・審査員募集開始!

雑多な音楽祭「スタ☆タン!!3」の募集が解禁しました。締め切りは8月31日。本選は2019年11月 3日(土)!絶賛募集中!

「表現未満、」とは

「表現未満、」とは、だれもがもっている自分を表す方法や本人が大切にしていることを、とるに足らないことと 一方的に判断しないで、この行為こ…

あこがれのドッコラ活動

「★〇◆☆っっ!!!!」カチャカチャ 「▽■〇~っ!?★×◇■っっ!!!」ガチャガチャ! 毎朝5時、夜明けとともに次男の「ドッ…

マジックワードを超えて

地域活動家、小松理虔による連載エッセイ第4回。ぼくたちはわかりやすい「マジックワード」に囲まれている。それを超えていくために必要なものとは。

福祉と誤配

福島県在住の地域活動家、小松理虔による連載エッセイ第3回。今回考えるのは福祉と誤配。意図せず誰かの居場所になってしまう私たちのこと。

里実さんとうなぎパイ体操

スタッフが目撃したアルスノヴァの日常をお届けしていくこのコーナー。初回はスタッフふきこによる、「ときどき、ふきコラム」。ほんわか始まった里実さんとの歌練習は思わぬ方向へ…!?

準備中!

「話す考えるトークシリーズ」は、様々なジャンルの専門家・活動家のみなさまと「表現未満、」について話したり、考えたりするシリーズです。

これまでの「表現未満、」

2016年の「表現未満、実験室」はじめ、これまでの活動をしるした「表現未満、ブログ」はこちらからどうぞ。

表現未満、表現以上

福島県在住の地域活動家、小松理虔による連載エッセイ第2回。レッツの掲げる「表現未満、」について初めて考える。

ページ上部へ戻る