© 表現未満、webマガジン All rights reserved.

「表現未満、」と生活/記憶 松本篤(NPO法人remoメンバー/AHA!世話人)

8ミリフィルムのホームムービー、動物園の象との記念写真、戦地へ送られた励ましの手紙など、“市井の人びとによる記録”に着目し たアーカイブづくりに携わってきたAHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ] 世話人の松本篤さんと ともに、個人の生活=記憶に出会いなおす・触れなおす方法をめぐり考えます。

日時: 2019年 11月 15日 (金曜日) 時間:18:30~20:30
場所: たけし文化センター連尺町
ゲスト: 松本篤さん

松本篤さん

1981年兵庫県生まれ、大阪在住。2003年より、「文房具としての映像」という考え方をモットーに活動するremo[NPO法人記録と表現とメディアのための組織]の運営に参加す る。2005年より、“市井の人びとの記録”に着目したアーカイブ・プロジェクト、AHA![Archive for Human Activities//人類の営みのためのアーカイブ]を、remoの事業のひとつと して始動させる。近年の主な実績としては、記録集『はな子のいる風景』(武蔵野市立吉祥寺美術館 2016)や、ウェブサイト『世田谷クロニクル1936-83』(生活工房 2019)な ど、場づくりから書籍制作まで、さまざまなメディアづくりに取り組んでいる。時間的/空間的な隔たりを前に、イメージはどのように働くのかという問いを、一貫して探求している。 8ミリフィルムのホームムービー、動物園の象との記念写真、戦地へ送られた励ましの手紙など、“市井の人びとによる記録”に着目し たアーカイブづくりに携わってきたAHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ] 世話人の松本篤さんと ともに、個人の生活=記憶に出会いなおす・触れなおす方法をめぐり考えます。

関連記事

ページ上部へ戻る